行政書士の存在

買取と廃車と行政書士について

車を処分する時、買取を利用する場合と廃車にする場合があります。

まだ乗ることが出来る場合などは、買取を利用するようにしましょう。

しかし、年式が古すぎたり、事故や災害などで破損してしまって動かなくなった自動車などは、買取業者も買い取ってはくれません。

そのため、廃車することが必要になってきます。しかし、廃車するためには、色々と手続きが必要なのです。

車を捨てるだけなので簡単だと思いがちですが、そうではありません。

色々と手続きが必要になってきますし、手間もかかります。

それらの手間がかかる手続きを行ってくれるのが、行政書士です。

廃車をする場合、永久抹消登録をしなければいけないことが多いです。

永久抹消登録は返納届とも言われますが、手続きが必要になってきます。

自動車車検証、ナンバープレート2枚、所有者の実印、印鑑登録証明書、解体業者から通知された「解体に係る移動報告番号」と「解体報告記録日」などが必要です。

これらの書類と、申請書を陸運局に提出することで、永久抹消登録を行います。

また、車検証の記載に変更がある場合は、変更登録の必要もあります。

これらを自分ですることも出来るのですが、とても手間がかかりますし、時間も必要になってきます。

そのため、時間がなくて自分では出来ない場合や、やり方がわからなくて難しいという場合は、行政書士に手続きを依頼をするようにしましょう。

もちろん、手数料はかかってきますが、すべての手続を一切行ってくれます。

ただし、注意しておかなければならないこともあります。それは、車の移動と解体です。

これらの作業は行政書士に依頼することは出来ません。

別途、廃車を行っている業者に依頼をする必要があります。

もちろん、車を移動させる費用も、解体費用も、別途かかってきますので、しっかりと調べておくようにしましょう。自走できる車であれば費用は発生しませんが、レッカー移動などが必要な場合は、業者に依頼をする必要があります。

また、永久抹消以外の一時抹消の場合でも、色々と必要書類もありますし、手続きも必要になってきます。

陸運局に提出する書類をそろえる必要があります。

そのため、手間がかかるのが困るという場合は、代行を依頼するようにしましょう。費用はかかりますが、とても手間が省けます。

このように、廃車の場合の手続きは色々と複雑です。手間がかからない方がよい場合は、代行を依頼するようにしましょう。