原付の廃車比較

原付の廃車と買取比較:手続きの代理

原付を処分したいときに、すぐに廃車に出す前に、車両を買い取ってもらえないかも検討してみるとよいでしょう。

廃車手続きと買い取ってもらうときの手続きを比較すると、廃車の場合には解体業者のところに車両を持ち込んで、書類手続きも依頼するか自分で行う必要があります。

書類作成はかなり面倒な手続きですので代理を依頼することがほとんどですが、買いたいとは別に費用を請求されることがほとんどですので、結果的にトータルでかなりの支出を覚悟しなければなりません。

また、廃車に出したときには、仮にその原付に価値のある部品やパーツなどが残っていた場合でも、買取対象になることはありませんので費用のみの発生になってしまいます。

一方、買い取ってもらえた場合には、正常に走ることができればそのまま転売されますので、年式や走行距離などによって高額の収入を得ることができる可能性があります。

一方で、動かなくなった車両であっても、部品やパーツなどを高額で買い取ってもらえることが多いため、これらの代金を解体費用などから差し引いてもらうことによって、廃車に出すときよりも費用負担が少なくなります。

また、基本的に買取の場合には、抹消手続きではなく名義変更手続きになりますが、このときの書類作成は通常業者が代行してくれますし、費用負担がないところもたくさんあるため、同じ車両を処分する方法でも負担がほとんどありません。

動かなくなった原付でも買い取ってくれるところがありますので、まずは業者を探してみてから、どうしても見つからなかったときに廃車も検討するという流れの方がよいでしょう。

なお、車両を買い取ってくれる業者が自宅付近に見つけられないという場合には、全国規模で業者探しをしてみるのもおすすめです。

遠方の業者であっても、出張旅費無料で見積りや引取りをしてくれるところというのは意外とたくさんありますので、一括見積りサービスを利用したり、業者の比較サイトなどを参考にして探してみると、買い取ってくれるところが多数見つかることもあります。

実際に買取を利用した人の評価が掲載されているところもありますので、チェックしてみると良いでしょう。

せっかく大切に使ってきた車両ですので、簡単に廃車に出す前に、パーツだけでも活用してもらったり、そのまま別の人に使ってもらえる上、費用や手続き面での負担も軽減できる方法を優先的に検討してみてはいかがでしょうか。