残債がある廃車

ローン残債がある車の廃車買取

車は年式が古くなると価値が無くなってしまうため、中古車店や新車販売店の下取りでは査定額が付かないことがあります。

その場合には廃車買取店を利用する方法がありますが、ローン残債がある車の場合にはどのような対処が必要なのか把握しておく必要があります。

自動車ローンには購入店によって契約内容が異なるため、契約書や車検証を確認しておくことが大切です。

一般に中古車店やディーラーを通してローンで車を購入した場合、車検証の名義は自動車会社かクレジット会社の所有となるのが一般的です。

購入者は使用者として記載されていますので、ローンの完済後に名義変更をすることになります。

ローン残債があるうちは名義変更ができませんので、そのままでは廃車買取店を利用して売約することは不可能なのです。

購入者以外のクレジット会社や自動車販売店の名義になっている場合には、ローンの残債を精算し所有権解除の手続きを行わなければ廃車専門店を利用して売却することはできないのです。

所有権解除に関しては所定の手続きを行えば簡単に進めることが可能ですが、残債の精算は必須となりますので資金を準備しておく必要があります。

廃車の買取金額はそれほど高額ではないため、売却金を精算に当てることは難しいと言えます。

手続きにあたって残債分は確実に用意する必要がありますので、経済的な比較検討が必要だと言えます。

ローンの完済は現金にて行うことになりますが、別のクレジット会社から借り入れを行い完済することも可能です。

いずれにしても残債がある場合には現金で完済できなければ新たにローンを利用することになるため、家計のやりくりなど経済的な計画はしっかりと行うことが大切です。

所有者が本人になっている場合には、クレジット会社や自動車販売店とは無関係ですから、ローンが残っていてもそのまま売却することが可能です。

もちろん廃車専門店に売却してもローンの残債は残りますので、車はなくなってもローンの支払が続いてしまうことに注意が必要です。

新たに車を購入する場合には、残債があると返済が苦しくなるため経済的なリスクを検討してから行動することが大切です。

名義人に関しては車検証を確認すれば簡単に把握できますので、廃車の査定時に業者の担当者に確認を行い、必要書類に関して説明を受けることが大切です。

ローンの残債がある以前に書類が揃わなければ売却はできませんので、説明を受けることが大切です。

最新記事

  • 廃車の買取りと手続き代行について 車の事故や車の消耗などの理由で車を廃車処分にしなければいけない事態は、車を持つ人にとっては時として避けることの出来ない問題です。 しかし、車を廃車にする際の手続きは車を購入するとき以上に …

    廃車の買取りと手続き代行

  • 廃車の買取りを行っての税金戻り 廃車の買取りを行っての税金戻りと言う事は、3月を過ぎて自動車の保有を行っていれば、一年分の税金が課せられる事となりますが、その分で一年の途中で売却となったケースは税金の還付を受ける事となり …

    廃車の買取りの税金戻り

  • 買取サービスを利用して原付の廃車費用を抑えよう 日常生活の便利な足として、昔から日本に根付いている移動手段である原動機付き自転車。 免許証の取得も楽に行うことができ、保険料金や税金も安く、燃費も良いという、良い点が数多く …

    買取サービスを利用して費用を抑えよう